石川県金沢市の印刷会社 株式会社谷印刷
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社案内 商品案内 自費出版 情報BOX 環境対策 リンク
ホーム情報BOX社員が作るページ平成14年1月の記事
 
 
社員が作るページ

平成14年1月の記事


London Mystery Tour

◎ロンドンミステリーツアー

ペンネーム:ハリー・ポッターのお姉さま(T.K)

当社のホームページファンの皆様!ご機嫌いかがですか?
近ごろ何かと話題の「ハリー・ポッター」、魔法使いの男の子のお話ですが、彼の故郷イギリスは魔法はもとより錬金術やオカルトの大好きな国みたいです。
首都ロンドン近郊の幽霊屋敷を巡る観光ツアーや写真入りの懇切丁寧な幽霊屋敷ガイドブックまであるそうです。

この幽霊ツアーは、有名なロンドン搭、オーピントンという所にある11人の亡霊が取り憑くというダウン・コート館、なんと近くに住んでいたチャールズ・ダーウィンの幽霊まで出没するとか、ケンジントン宮殿にはジョージU世が、舞台袖で殺害された俳優の霊がとりついているアデルフィ劇場、ウェストミンスター修道院には夕方5時から6時にかけて修道僧の幽霊が徘徊するといううわさ。
またハイド・パークの一画には「悪魔の楡(にれ)」と呼ばれる樹があり、オリヴァー・クロムウェルが出るというホルバーンにあるレッド・ライオン・スクエア、ヴァイン街にある派出所は警官の幽霊が、など等。

気が付きましたか?何だか、ロンドン観光名所案内そのもののような場所も含まれているようです。
詳しくお知りになりたい方は、〈英国心霊協会〉SocietyforPsychicalResearch(1,Adam&EveMews,LondonW.8.)などという所があるそうです。
私もこういうツアーにすごく興味があるんですが、イギリスはちょっと遠いし、色々、どなたか連れて行ってやろうという太っ腹な方がありましたら是非!当社までご連絡を。

それから、こういう話題は苦手という方、ごめんなさい。

お化け


困りました・・・

◎困りました

ペンネーム:6?才の男(A.S)

また当たりました。
このクジではなく、宝くじなら良かったのに・・・
仕方がないので、私の気持ちを表した格言を一つ。

人は年齢を重ねると我先に生きようとしなくなるが

それは自分が行き着く先を知るようになるからなのだ

でも私は、まだまだ実行できません。(若い証拠です。)

 
   
   
   
 
 
 
免責事項 個人情報保護方針 Copyright(C) Taniinstasu Corporation. All Right Reserved