石川県金沢市の印刷会社 株式会社谷印刷
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社案内 商品案内 自費出版 情報BOX 環境対策 リンク
ホーム情報BOX社員が作るページ平成29年9月の記事
 
 
社員が作るページ

平成29年9月の記事


@ものくう旅路:山形編

ペンネーム:MM

私は旅と食いだおれが好きです。
特に旅先では気が大きくなるのか、未知の食材の料理があったりすると普段尻込みするものでも果敢にチャレンジしていることに最近気づきました。  なので、旅先で食べたご飯の感想など紹介したいと思います。今回は山形編です。

・イナゴの佃煮
頬肉にイナゴの足が突き刺さったりしましたがそれに目をつぶれば普通の甘い佃煮の味。
ご飯に合います。(ちなみに個人的に虫全般大嫌いですが、食糧と思えば食べられました。)

・ご当地牛
こちらは「山形牛」と「米沢牛」でした。肉素人には「どう違うの?」と?だらけでしたが、そもそも値段が三倍ほど違ってそこが驚愕でした…。調べたところ、どうやら選ばれしご当地ブランド黒毛和牛が「米沢牛」で、そこから落ちちゃったご当地の黒毛和牛が「山形牛」みたいです。  もちろん財布に優しい「山形牛」をいただきましたが、ほっぺが落ちそうなほど美味しかったです。

・玉こんにゃく
どこにでも露店がある上にその場その場でだしの味が違って色々楽しめます。
ローカロでひと串100円〜と値段も安く、何本食べても一切罪悪感がないので女性に超おススメですよ!

・芋煮
里いもを煮た素朴な郷土料理…の筈ですが、6mの大鍋をクレーン車でかき回す「芋煮会」が毎年開催されるなど県民の芋煮愛が熱すぎて怖いくらいです。  でもいつか行ってみたいです芋煮会。

こんな感じでほんの一部しか紹介できませんでしたが、山形は素晴らしい食王国でした。
みなさんも機会があったら是非行ってみてくださいね!

 
 
   
   
 
 
 
免責事項 個人情報保護方針 Copyright(C) Taniinstasu Corporation. All Right Reserved